水の国くまもと「未来予想図プログラム」 水の国くまもと「未来予想図プログラム」

あの地震から5年が経ちました。
私たちは熊本地震直後から地元企業として、
「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」を行ってきました。
そして、2021年。サントリーと熊本日日新聞社は共に、
「水の国くまもと 未来予想図プログラム」を実施しました。

熊本県内の大学生・大学院生のみなさん、
また、くまTOMOサポーターのみなさんに様々な体験をしていただき、
復興への想いや考動を、この先へ継承してもらおうというプログラムです。
大学生・大学院生には、震災を考え、現場に赴き、
最後は熊本の未来に向けた提案を行いました。
ここでは、オンライン講義、ワークショップ、当日の発表の様子などをご紹介し、
これからの熊本や記憶の継承を考える
きっかけにしていただければと思います。

私たちは、これからも、
地域のみなさまと共に歩み続けていきたいと考えています。

「ずっと、あなたと、熊本と。」

水の国くまもと 未来予想図プログラム概要 水の国くまもと 未来予想図プログラム概要
参加者と主催者の双方が「震災伝承」と「未来志向」の
重要性に気づき共に考動する3つのPART。
流れ 流れ
総合監修 総合監修

熊本大学 熊本創生推進機構地域連携部門 准教授

田中 尚人氏

1971年京都府生まれ。1997年3月京都大学大学院工学研究科環境地球工学専攻修了。京都大学大学助手、岐阜大学講師、熊本大学大学院准教授を経て、2010年4月より現職。博士(工学)。専門は、都市地域計画、土木史、景観論。熊本県を中心に、文化的景観保全、景観まちづくり、土木遺産の保存・活用に携わっている。共著書に、『都市を編集する川-広島・太田川のまちづくり(渓水社、2019.12.)』などがある。

講師紹介 講師紹介

京都大学 防災研究所 教授

矢守 克也氏

大阪大学大学院人間科学研究科博士課程単位取得退学。博士(人間科学)。専門は、防災心理学。阪神・淡路大震災の語り部団体で20年以上活動、また、防災教育ゲーム「クロスロード」を開発するなど、各地で、災害情報、防災教育、地域防災に関する研究と実践に携わっている。現在、日本災害復興学会会長、日本災害情報学会副会長、地区防災計画学会副会長などを務める。著書に『防災心理学入門』(ナカニシヤ出版、2021年)など多数。

俳優・演出家

松岡 優子氏

舞台俳優(yum yum cheese!)、演出家、舞台制作者。公益財団法人筑後市文化振興公社プロデューサー。平成音楽大学講師。演出として手がけた作品は、文化庁主催「ニッポンたからものプロジェクト」・オペラ「ヘンゼルとグレーテル」、熊本オペラ芸術協会「砂浜のエレジー」など。熊本地震後は演劇人有志とアートによる復興支援団体"SASHIYORI Art Revival Connection KUMAMOTO"を設立。

お茶乃のぐち専務

野口 大樹氏

熊本県上益城郡御船町出身、36歳。
日本茶の生産・製造・販売「お茶乃のぐち」3代目。日本茶インストラクター。
御船町観光協会理事。
地域づくり・まちおこしを目的とする「一般社団法人アグリウォーリアーズ熊本」理事。

主催

熊本日日新聞社
サントリーホールディングス

後援

熊本県
御船町
嘉島町
益城町
南阿蘇村
熊本大学 熊本創生推進機構

地元企業サントリーは、復興支援活動
「サントリー水の国くまもと 応援プロジェクト」に熊本地震直後から取り組んでいます。

2017年1月から5月にかけて「サントリー熊本地下水みらいプロジェクト」の一環として、熊本県益城町にある「冬水田んぼ」の復旧工事など、水源涵養に取り組んでいます。
サントリーのラグビー部「サントリーサンゴリアス」やバレーボール部「サントリーサンバーズ」によるスポーツ教室へこれまで約2,200名の子どもたちに参加いただいています。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団や「佐渡裕&スーパーキッズオーケストラ」、九州交響楽団によるコンサートなど音楽活動へこれまで約7,300名の方に参加いただいています。
嘉島町・益城町・御船町・の仮設住宅に訪問し、花植え教室などサントリーフラワーズと花を通じた支援に取り組んでいます。
嘉島町・益城町・御船町の仮設住宅・災害復興住宅にお住いの方をサントリー九州熊本向上へご招待し、これまで6回、延べ850名の方に「工場見学特別ツアー」へ参加いただいています。
「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」に協力いただいている熊本日日新聞社と「ずっと、熊本と。」企画を2017年より継続的に実施しています。
お問い合わせ先
水の国くまもと 未来予想図プログラム事務局
熊日営業企画部内
TEL:096-361-3226(平日9:30〜17:30)